日本歯科東洋医学会とは、「全身の状態が口腔に投影される」という東洋伝統医学の教えを礎に、
現代歯科医学の診査・診断法とは少し目線を変え、鍼灸・漢方・気功・食養をはじめとする東洋伝統医学療法を日常歯科臨床の一助となり得ると確信している歯科臨床家集団です。
健康志向が高まる中、末病の発見、健康の保持・増進という立場からも東洋伝統医学は西洋医学とは異なった魅力溢れるものであるといえます。
学会としてはその目的達成のために、歯科東洋医学の研究・研修・指導を行い、歯科医療の診査・診断に広く導入応用される事を目指しております。

第39回日本歯科東洋医学会学術大会 
(第24回日本歯科学術大会 併催)
会期: 2021年9月23日(木・祝),24日(金),25 日(土)
会場:オンライン開催

2021(令和3)年度第39回日本歯科東洋医学会学術大会のご案内

(第24回日本歯科医学会学術大会 併催)

第24回日本歯科医学会学術大会のメインテーマ
「逆転の発想 歯科界2040年への挑戦」
第39回日本歯科東洋医学会学術大会のテーマ
「東洋医学だからこそできること」

   ライブ配信期間:2021年9月23日(木)~9月25日(土)
オンデマンド配信期間:2021年9月26日(日)~10月31日(日)17:00まで

本会大会長:砂川 正隆(昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門)
準備実行委員長:秦  光潤(関東甲信越支部長,ハタデンタルクリニック)
準備実行委員会:関東甲信越支部
主催:日本歯科医師会,日本歯科医学会

 今回は,日本歯科医学会学術大会と併催ということもあり,東洋医学を会員以外の多くの先生方にアピールできる絶好の機会でした.しかし,残念ながら新型コロナ感染症の状況も予測不能ということもあり,完全WEB開催となりました.ただ,本会会員の先生方もそうですが,日本歯科医学会分科会の会員は参加登録(無料)すると全学会の講演を視聴することができます.きっと,他学会の先生もわれわれの発表をたくさん視聴してくれるものと思います.今回のわれわれの発表によって,一人でも多くの方に東洋医学の魅力が伝わり,臨床応用していただけることを期待しています.

 参加登録がまだの方は,第24回日本歯科医学会学術大会のホームページより登録が可能です.参加カテゴリーの選択で,「日本歯科医学会認定分科会会員」を選択していただくと,参加費が無料になります.その後,2021年9月23日(木)~10月31日(日)17:00までの期間に,学術大会参加章(参加証明書)がWEB開催特設サイトからダウンロードできます.通常の学会参加章と同じ扱いになりますので,参加証明書のダウンロードもお忘れなくお願いします.

参加登録サイト

https://www.kazasdake.com/case1/user/entry.html?event=yQFdtJry00279
 なお,ご不明な点は,本会事務局までお問い合わせください.

本会会員の発表

講演4 座長:河野歯科医院 河野  渡
「温故知新 オーラルフレイルに対応する歯科東洋医学」
昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門
医療法人ハヤの会田中矯正歯科歯科慢性疾患診療室
山口孝二郎

テーブルクリニック14
「歯科における漢方薬治療(基礎と臨床)」
くぼ歯科 久保 茂正

テーブルクリニック15
「歯科領域へ鍼灸をどの様に利用できるか」
ABO歯科クリニック 英保 武志

一般演題(e—ポスター) 23題

① サウンドヒーリングを経絡治療に用いた歯科臨床
河野  渡 河野歯科医院

② 植物発酵物(Fermented Botanical Product)の歯周病に対する効果の検討
岩崎 嘉代・他 岩崎歯科医院、日本口腔サプリメント研究会

③ ビスホスホネート製剤やデノスマブにより顎骨壊死を生じた症例にサプリメントを応用した2症例
齋藤 道雄・他 齋藤ファミリーデンタル、日本口腔サプリメント研究会

④ 女子サッカー選手の矯正治療と鍼灸治療の歯科統合診療症例報告
関根 陽平・他 みはる矯正・歯科医院

⑤ 顎関節症例・アングルⅢ級症例を矯正治療を中心とした歯科統合医療により治癒へ導いた一症例
小林 洋子・他 飯田橋内科歯科クリニック

⑥ 歯科臨床に役立つ,ツボ刺激療法の応用
小山 悠子・他 医療法人社団明悠会サンデンタルクリニック

⑦ 頭蓋骨マッサージで顎関節症が改善した一症例
岡 佐和子・他 小坂歯科医院

⑧ 鍼治療が適応となる歯科疾患
中村 泰規 中村歯科医院・茶壽鍼灸院

⑨ 歯科麻酔薬においてアレルギー既往のある患者に鍼麻酔を応用し抜歯した1症例
市村  葉・他 明海大学歯学部機能保存回復学講座保存治療学分野

⑩ 精神的ストレスならびに急性炎症性疼痛に対する鍼治療の有用性の検討~円皮鍼を用いた基礎研究より~
砂川 正隆・他 昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門,

⑪ 血圧の変化を指標としたSRP時の合谷穴に対する置き鍼の効果
細川 史郎・他 細川歯科医院

⑫ シェーグレン症候群に対して東洋医学的治療を行った長期症例報告
椋梨 兼彰 むくなし歯科医院

⑬ 肩こりを伴う開口障害に対する円皮鍼及びツボ指圧療法と軽い運動で改善がみられた1症例
中原 順子・他 住吉駅前歯科医院

⑭ ブラキシズムに対する漢方薬の効果
中原 雅之・他 住吉駅前歯科医院

⑮ TAO問診票を用いた漢方薬の選択方法
小坂 峰雄 小坂歯科医院

⑯ 舌診の基礎
東 竜太朗 東歯科医院、TAO東洋医学研究会

⑰ 当院における漢方処方の実態と効果についての調査
岡田  崇 みどりの丘歯科医院

⑱ 漢方エキス製剤~立効散の構成と作用~
山本 卓生・他 歯科オムニデンティックスJRタワー

⑲ 繰り返す舌の摂食痛を認めた患者に対し立効散の含嗽が奏功した一例
佐藤 英和 ひでかず歯科口腔外科クリニック

⑳ アフタ性口内炎への補剤によるアプローチ
藤田 康平・他 医療法人さくら会さくらのクリニック歯科口腔外科、慶應義塾大学医学部歯科・口腔外科教室

㉑ 排膿散及湯を使用した上顎洞炎治療
杉山 貴敏 岐阜・西濃医療センター西美濃厚生病院歯科口腔外科

㉒ シェーグレン症候群による口腔異常感症に滋陰降火湯が奏功した一症例
池田 聡子・他 医療法人敬愛会石黒歯科・矯正歯科医院

㉓ めまいを伴う舌痛症に対して五苓散が奏功した一症例
表川 実哉 おもかわ歯科医院

毎年11月上旬に2日間にわたり開催しています。会員発表、特別講演の他、ワークショップでは東洋医学的診断治療に即導入できるものを企画しています。

2018年現在で会員の内63名が日本歯科東洋医学会認定医、名が日本歯科東洋医学会専門医として日常の歯科臨床を行っています。

定期的に学会主催の研修会や入門者のための東洋医学セミナー等を開催しています。

全国に7つの支部(北海道支部、東北支部、関東甲信越支部、東海支部、関西支部、中四国支部、九州支部)が設置され、充実した学術大会・研修会が開催されています。

総説、原著論文、学術大会の抄録、フォーラムの抄録、支部例会の報告のほか、日常臨床のヒントを紹介するなど、色々な情報を提供しています。

会員に向けて、随時情報をメールマガジンで発行しています。

最新セミナー情報

▪️歯科医師のための明日から役立つ漢方入門講座

日時:第2水曜日 19:30~20:30
第1回 5月 12日 漢方エキス製剤の運用の注意点
第2回 6月 9日 歯周炎・抜歯
第3回 7月 14日 再発性アフタ(口内炎)
第4回 9月 8日 口腔乾燥
第5回 10月 13日 舌痛症 (口腔異常感症)
第6回 11月 10日 オーラルフレイル

→詳細はこちら

▪️TAO東洋医学研究会 日本歯科東洋医学会関西支部〈共催〉セミナー

日 時:
 第1回 2020年9月27日 (日)
 第2回 2020年11月15日(日)
 第3回 2021年1月24日 (日)
 第4回 2021年3月28日 (日)
 各回 午前10:00~12:30 午後13:30~16:00
会 場:大阪大学中之島センター(Web(ZOOM)での参加が可能です)

更新情報

2021.10.14 最新セミナー情報を更新しました。
2021.9.29 組織、学会誌紹介ページを更新、講演抄録を追加しました。
2021.8.11 第39回学術大会を更新しました
2020.11.11 会員ページに2019年広島学術大会講演動画をアップしました。