日本歯科東洋医学会メールマガジン第31号

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――
日本歯科東洋医学会メールマガジン第31号
――――――――――――――――――――――――――――――――☆★☆
平素はお世話になっております、日本歯科東洋医学会事務局でございます。 本会会員様で、メールアドレスを事務局にお知らせ戴いている皆様方に このメールマガジンをお送りしております。
―――――――――――――――――――――――――
広報担当からのお知らせ 2013年10月
―――――――――――――――――――――――――
9月16日(月)、台風の中、常任理事会が東京で開催されました。 運よく前日から東京にいらした大竹会長は出席できましたが、新幹線・飛行機が完全ストップだったため、 第31回学術大会長:方一如教授はじめ、大阪から参加予定だった副会長、常任理事は、残念ながら不参加 となってしまいました。
大阪組を代表して、河野副会長がskypeを使って会議に参加してくれました。 (便利ですね~!)

会長からの挨拶では、先日郵便で配布しました会報にもありましたように、日本歯科医学会が日本歯科医師 会に働きかけ、本学会が主体となって漢方教育をしていくこと、女性を対象にした魅力のある企画を、ワク ワク感のある内容づくり、Webサイトの活用などについての話がありました。

方一如大会長の代理で、河野副会長より第31回学術大会準備状況報告がありました。 素晴らしい企画がたくさん用意され、順調に準備が進んでいることが報告されました。
詳細は、http://www.jdtoyo.net/info/taikai31.pdf (Facebookページ“第31回日本歯科東洋医学会学術大会”もあります) 事前登録は、なるべく早くいたしましょう。 尚、指定研修講座は、特別講演II「歯科における東洋医学のEBMと可能性」(丹羽均先生)になりました。
(第32回大会は、大竹会長のお膝元である岐阜にて、平成26年11月8~9日に開催予定です。)

各種委員会からの提案に基づいた今後の展開としては、 1外交渉委員会および女性委員会から出された意見を取り入れ、学術研修企画運営委員会が研修を企画・実 行することになりました。ご期待ください。 2業際交流委員会からは、大会時に業者さんを紹介する様々な方法が提案され、実行できるところから始め ていくことになりました。 3編集委員会からは、認定医・専門医申請の際に提出された症例を、症例報告として学会誌に投稿するとい う案について、認定医認定委員会と連携して検討していくことになりました。また開業医会員も投稿しやす いシステムとして、一つの論文について査読前にアドバイザーが指導を行うことが提案され、編集委員会の 中で協議することになりました。 4広報・インターネット整備委員会からは、会員専用ページ開設、メールマガジンの配信などについて、内 容を充実させ、積極的進めていくことになりました。

今年度の学術奨励賞表彰者が決まりました!!

【学術奨励賞】
雨宮淳先生、岡田嘉代先生

第31回学術大会時に表彰がございますので、皆で祝福いたしましょう。
―――――――――――――――――――――――――
中四国支部支部総会・記念講演会の開催について
―――――――――――――――――――――――――
中四国支部にて支部総会・記念講演会が下記のとおり開催されます。
開催日:平成25年10月5日(土)
会 場:広島県歯科医師会館4階 会議室
時 間:支部総会 15:00~
講演会 15:30~ 小林 宏先生:歯科保険に導入された漢方薬をどのように使うか
表川実哉先生:実践歯科東洋医学
―――――――――――――――――――――――――
北海道支部学術講演会の開催について
―――――――――――――――――――――――――
北海道支部にて学術講演会が下記のとおり開催されます。
平成25年度 日本歯科東洋医学会北海道支部 第2回学術講演会のご案内 開催日:平成25年10月26日(土)
会 場:北海道歯科医師会館5階 第5会議室
時 間:15:00~18:00
王 宝禮先生
詳細は、本会HPからご確認下さい。
http://www.jdtoyo.net/info/index.html
―――――――――――――――――――――――
日本歯科東洋医学会 事務局
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 (一財)口腔保健協会内
TEL:03-3947-8891 FAX:03-3947-8341
e-mail gakkai35@kokuhoken.or.jp
公式サイト http://www.jdtoyo.net/ ―――――――――――――――――――――――